2015年01月31日

[1/29更新]ジュンスコンチケットの件(しばらくトップ)


今回のは、譲り先探してる人が多いかなぁという気配ですね〜。

行こうかどうか迷ってる方は、ぜひ行こう!


というわけで、今からでもやっぱり行ってみるか〜って方でも、とりあえずコメントしてみてくださいね〜(´▽`)ノ

ジュンちゃんの、めっちゃかっちょいいパフォーマンスを見に行くセヨ〜。


コメント欄は非公開です。

詳細と連絡先を書いてください。

よろしくお願いしま〜す(´▽`)ノ

ニックネーム ゆげ at 14:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

8話まで来て。#SPY


終わってからしばらくボ〜ッとしちゃうな。

今日のは話が急展開というか、とにかく知らぬ間に見入ってしまった。

なんだ?なんだ?と思ってるうちに、終わってしまった。

特に8話はシチュエーションドラマみたいで、舞台は変わらないのに、ずっと緊張感で、早かった〜。



個人的には、ず〜っと皿洗いしてるソヌがウケました(笑)

本編に笑う要素は一切ないですけどww



うう〜〜〜


8話まで来て、まだまだおもしろい。

ずっとおもしろい。




うれすぃ〜〜〜〜〜!!!!ヽ(≧∀≦)ノ

ニックネーム ゆげ at 23:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパイの日


『スパイがやる日だなぁ^^』
2950640108_cd11022c_image.jpg
B8krNO_CAAEyA_F.jpg
B8krOpUCUAAZg22.jpg


ものすごい馴染んでるなぁww
B8krN4aCMAIlqg6.jpg


ジェジュンが女子っぽいってことはまったくないし、中性的とかでもないんだけど、滲み出る何かがすっかりすべてに馴染んでる(笑)








KBSツイ

『#キムジェジュンと会う #スパイ 公式ポーズ みなさん今日も本番死守してくださいますよね??夜9時30分から〜』
2950640108_66b4831b_image.jpg
74cf4b39jw1eorlyj7q43j20h20sggm5.jpg


ふふふ。

うんうん、ソヌっぽい。

すっかりコートファッションがソヌのイメージになったね〜。







ついでに、コソンヒちゃんインスタ

『今日の夜9時30分、KBS2”スパイ”!!! 先週明かされたユンジンの正体!! 今日彼女の話が始まりま〜す 本番死守!!!! #スパイ #ユンジン #愛する #先輩たち』
2950640108_c1826e19_image.jpg
2950640108_1211c0d3_image.jpg


チョダランシwwwww

キムミンジェシも(笑)


あ〜

この二人がお祝いに来てくれたかと思うと改めて嬉しいね〜。





もっとついでに、ギチョルの部下役のウヒョクくんのツイ

『最近スパイで二重生活をしているソンヒヌナ^^ ソンヒヌナが来るだけで現場の雰囲気がさわやかになる…^^』
B8kmn17CIAAuFwO.jpg


いるだけでさわやかなコソンヒちゃん。

うらやましいね〜(T▽T)


ジェジュンが、コソンヒちゃんの声が好きだって言ってたけど、確かになんか惹かれる声だな〜って、ドラマ見て思った。

ジェジュンが言ってること、わかる気がするなぁ。




なんだかんだで、そう、今日はスパイの日。


あ〜


いそがしいそがし(^^)

ニックネーム ゆげ at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

予告とかインスタとか。


7話

ヘリムに自身の正体を知られたユンジンは、自分の家族とソヌの間でどんな選択をしなければいけないか悩む。
一方、ソヌはギチョルの正体を探り出すために、過去の北韓諜報員の資料を分析をしている最中に、仲間がソヌの家に招待されたという知らせを聞いて、両親の行動をいぶかしく感じる。



8話

食事会を理由にチーム員たちを家に招待したヘリムとウソクは、ジュンヒョクのスマホに盗聴器を設置するための計画を立てた。
同じ時刻、ジュンヒョクもまた、自身の隠れた目的を達成するため、万全の準備をして、ソヌの家に向かう。
普通の平凡な食事会のように和やかに見えるけれど、それぞれのたくらみを持ちながら向かい合う食卓には、見えない緊張感が…





チーム長がこんなふうに結構な感じで絡んでくるとは思ってなかったなぁ。

この予告では、ソヌがドラマの核心に迫っていくようでちょっとドキドキする。

それに、思ったよりオンマとアボジのコンビネーションが長いので、なんかちょっと微笑ましいww



明日が楽しみだけど、もう半分が終わると思うと寂しいなぁ。。。


でも、ここでのスパイ検証はまだ3話なので、まだまだ楽しめるぞ(笑)



Jパーティーの様子もまだまだ書きたいし〜。



うんうん、楽しみはいっぱいあるね。






ジェジュンインスタ




何か書いてる( ´艸`)
d945be80jw1eoqie5vggqj20gu0gpgmg.jpg
d945be80jw1eoqie5y5bsj20hs0hsta1.jpg
d945be80jw1eoqie6em5xj20gu0gtaap.jpg
d945be80jw1eoqie67e92j20gq0gr3zd.jpg




ふりしてるwww
d945be80jw1eoqie67hphj20gq0gsaav.jpg



だったら笑える(((*≧艸≦)ププッ


絵の実力は、ゆげ画伯とJYJにそんな差はないと思ってるんだけど、違う??ww



イマジネーションの広がり方には雲泥の差があるから、そこが違うのね〜。


私の貧困な発想では、デザインなどという高貴なお仕事はできませんね(-3-)




さ〜て、私は私のお仕事、スパイ復習がんばろ〜っと☆


いやいや、仕事じゃないからできるんだろうなぁ。


このブログが仕事になったら途端にやりたくなくなりそうだ。


お金ももらえないのに、よくもまぁ毎日こんなに書けるもんだと自分でも思うけど、こんなに好きなものがあって幸せだなぁ。


でも、自分の私生活をここまで書くのは絶対無理なので、やはりこの幸せは、ブログのおかげではなく、ジェジュンのおかげなのだ〜ヽ(´▽`)ノ

ニックネーム ゆげ at 22:07| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユチョンの。


ユチョニ、今日は”今年の映画賞”で新人賞を受賞して、授賞式に出席したんだね(^^)
2015012901003682700231821_99_20150129193802.jpg



この賞は、韓国映画記者学会に属する雑誌社、新聞社、放送社などの現役映画記者の投票などで決める賞だって。

外圧防止にすべての過程を公開しながら推薦や投票を行って選出される賞みたいなので、プロが選ぶ純粋なる賞ってことだから、なんだかいつもにもまして嬉しいような気がするぞ。




”歌手としてデビューしてドラマをやったけれど、ミッキーユチョンではなく、パクユチョンという名前を求める気持ちがあったんですけど、その名前を見つけてくれたのが記者さんたちだと思います。
これからは俳優という名前がもっと似合うように頑張ります”




だって〜。


こういうコメントを聞くたびに、ユチョンの今がすごく幸せそうに思えるので、嬉しい。

過去を否定するのではなく、そこから自分の道に進めて良かったねって思う。





そして、今、ドラマを検討中との記事も上がってた。

まだ決定ではないので、確率は高くはないのかもだけど、検討している作品のひとつなのは確かなようなので、すっかり映画しかやらないのかもって思ってたから、ドラマを検討してくれてるだけでも嬉しい〜。

しかも、相手役がスジらしいので、できたら決定してほしいなぁ( ´艸`)ふふ




あ、もう賞取りすぎて、おめでとうとか言うのも忘れちゃう(笑)


ユチョン、おめでと〜ヽ(´▽`)ノ

ニックネーム ゆげ at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浸れた。


ソウルJパーチーでは、ジェジュンの歌を聴きながら、今だけは何も気にせず気兼ねなく、ジェジュンを想おうと努めたですよ。

でもなんかね。

やっぱり基本リア充派の私なので、どこか現実を忘れられないし、身勝手で思い込みの激しい人にはなりたくなくて、心の中でも遠慮があるんですよ。


しかし、もうそんなものはすべて通り越してジェジュンを愛してること、逆にそれが現実なんですね。

そうか。

むしろ私は現実を受け入れてないのか。


今気づいたなw


なんだよ。

じゃあもう、私だけのジェジュウウゥゥンうっふんあっはんって思いながら見ときゃ良かったな( ̄З ̄)


なんかさ。

どうしてもわけわからない遠慮が抜けきれず、なんでこんな時まで入り込めないんだろうって思ったんですけどね。

でも、それが私だから、そのままジェジュンに受け止めてもらおうって思ったら、なんか楽になったんですよね。


そして、今は自分がどう思おうと、他人にどう思われようと、とにかく盛り上がって、ジェジュンが楽しいと思ってくれるように、ジェジュンさえ楽しければそれでいいって思って、ひたすらワーキャー言ってましたw

そしたらなんか、自然に入り込めたかも。


チキョジュルケをサプライズでこっちが歌うってプレゼント。

歌ってたら、あの歌詞ってグッとくるね〜。

今さらw

てゆーかさ。

いつもはジェジュンが歌ってくれるわけじゃん?

で、ジェジュンがこんなふうに誰かを想う気持ちが、素敵だなって思ってたわけ。

現実忘れない私は、決して自分に歌ってくれてるとも思わないし(笑)

が、まぁ、自分に歌ってくれてると思い込みながら、感動してもいいよね。

ちょっと切ない歌詞ではあるけれど。


でも、こないだは、自分がジェジュンに歌ったわけでしょ。

そしたら、ものすごい感動しちゃったんだよね。

涙出たね。

泣きながら歌ったよ。

でっかい声で。


それで思ったんだけど。


あぁ、ジェジュンもいつもこんな気持ちで涙が出るのかなぁって。

正確にはもらい泣きしてるみたいだけどね(笑)


でもさ。

いつもジェジュンからもらってばっかりで、何も返せないし、伝えられないし、でもそれは仕方ないじゃんか。

だけど、あんなふうに歌ってあげられて、てか、ジェジュンの歌だけど(笑)、でも初めてジェジュンに大きい声で気持ちを伝えられた気がして、すごく嬉しかったんです。

前のセンイルコンで も目の前で歌ったことあるけど、あの時は、みんな一緒に〜的な、ジェジュンの歌をみんなで歌おう的な気軽な気持ちだったから今回とは全然違いましたね。


でまぁ、ジェジュンの作った歌詞がいいんですねぇ。

ここに書くと、それを私が気持ち込めてジェジュンに歌ったかと思うと大変な不快感をみなさんに与えそうなのであえて書きませんが(笑)

いや、もうすでに与えてしまってるかとも思いますがそこは多目に見てね。


で、もしかしたら、ジェジュンも、いつももらってばっかりでお返しができない、とか思ってそうじゃん?

だからこうしてライブで目の前で歌うことで、自分の想いを伝えられてるっていう感動があるのかなぁって思ったです。

例えば、BEGINだって、やっと歌えたって気持ちもあっただろうけど、やっと歌ってあげられたってゆう気持ちも大きかったのかなぁとかね。


パラダイスなんて、まさにファンに向けて作った歌だから、歌ってたらきっと気持ち込み上げるんだろうなぁと思います。


ますます、ジェジュンがくれるものを心から素直に嬉しく思うことが、ジェジュンが一番喜ぶことだよなって思うようになりました(^^)



なんか話がややこしくなっちゃいましたけどw


とにかく、めずらしく泣きました。

あ、かといって、涙が止められないとかじゃないですよ?

うまく浸れたって感じっす(>З<) ←かわいくないw

ニックネーム ゆげ at 14:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おんぶソヌ。#SPY


寒い中、ソヌを待つユンジン。


動画こちら


そこへ、ウナをおぶりながらやって来るソヌ。
68c3f0cbgw1eog7au4a8aj20q00bujsu.jpg



ウナがいぶかしげに聞く。


「誰?」

『あ、ごめん。置いてくることもできなくて』
ca5435f3329f8c11eea3c8792e2c17b2.jpg



二人で歩き出す。

6ccdd2d8gw1eobo4rwky2j20kq0btjrw.jpg


『ハァ…ハァ…』

必死なソヌww

それを見てユンジンが、ちょっといたずらに笑って。

「かわいいね」

『かわいいってどこがっ』

「なんで?かわいらしいじゃない。やっぱり育ちがいい感じが出てる」

『僕は毎日君の顔ばっかり見てるから目がおかしくなったのか、(ウナを)別にたいしたことないと思うけどホントっ』

「フッ…それで、たいしたことない女の人と、こんな時間まで飲んでたってわけ?」

『違うよ〜。この子だけ飲んでたんだよ〜。僕はビールった一杯。仕事で聞きたいことがあったんだけど、ただ聞くのもなんか失礼かと思って。会社の外で会ったのはたったの一回だから。……ほんとだってば〜!』

「反論されると余計あやしいんだけど〜」



重さと寒さで限界のソヌ。


『ね〜、ちょっと手伝ってくれないかな?』


ウナの体に触らないようにおぶってるソヌを見て、


「ふ〜ん。おじさん、気にしないでおぶってくださいな。私はいないものと思って。」


『あうっ!腕、腕腕腕!!!!』


支えてあげるユンジン。


『あぅっ…ありがと♪生きかえった』

「も〜、ほんとに。行くわよ。出発!」



で、ウナの家に壁ドンw


”どちらさま?”

『こんばんわ。僕、ウナさんの職場の同僚なんですけど、ウナさんがすごく酔っぱらってしまって…』


送り届けて中から聞こえる声。


”あがって行ってお酒でもちょっと飲んでいったらいいのに”

『いいえ、大丈夫です、もう遅いですから』



出てきたソヌにユンジンは


「良かったわね。気に入られたみたいで」

『そんなんじゃないから〜。』

「なんで?職場もおんなじで、おうちもこんなに素敵で…」

『イユンジン…』

「私が見てもお似合いの人。職場に家族、出身。何一つ足りないものがないじゃない。たぶんソヌさんのお母様もはるかに好きになる……」


ユンジンの口をふさぐソヌ。


チュウで〜。ぷぷぷ。



『本当に職場の同僚以上でも以下でもないよ。僕には君しかいない。』

「ほんと?」

『不安になったってことは、僕が信じられないの?』


横に首を振るユンジン。


『うちに帰ろ』











と、まぁこんな感じっすね(^^)


個人的には、ヘロヘロのジェジュンが見れて嬉しいシーンでしたw


ホントだよ〜って訴えるのとか、もうすごくかわいくて死んじゃいそうです(笑)


もちろんこの限りなくアホらしい姿もお気に入り。ぷっ
26669.jpg




ユンジンの、「チンッチャ?」とかいう果てしないぶりっ子の言い方も、こんなふうに言われたら男の人はかわいくて仕方ないだろうな〜って思いますね〜。




私は、ジェジュンを心底信じてるので、何があっても不安になりません。

仮に不安になったところで、僕には君しかいない、とか100万回生まれ変わっても言ってもらえないため、常に自分で励ますという、自作自演みたいなことになってしまうので、めんどくさいから不安にはなりませんww





ぬお〜〜


こんな時間だ。


韓国で宵っ張りがクセになってしまったか、まだ行ける。


あかんあかん。


寝なくては。



では。



オヤシモ〜(* ´З`*))  ←オヤスミとシモジュンをくっつけてみました。流行らなさそうです。

ニックネーム ゆげ at 00:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

先輩たちの背景。#SPY


『どこですって?”モンキー”ですか?モンキー…あぁ見つけました!行きますね』
web_1982209119_fa7bc5301.jpg
web_1982209119_0f4a1c59.jpg



そのお店に入って行くと、ウナが一人うなだれてますw

それを見つけたソヌ。

フッ
7f15e14agw1eoboen8z1gj20fl08twfn.jpg


近づくソヌに、

「なに?どうやって来たの?」

『ここだって先輩が電話で言ったじゃないですか』

「はい、10秒前にね〜。言い終わるなり来るのね」


どうやらウナは合コンがうまく行かなくてやさぐれてる様子。


「で、なんで来たの?」

『合コンがうまく行かなかったみたいですね』
7f15e14agw1eoboep88dwj20fn08q0tv.jpg


「私が合コンしてるってなんで知ってるの?」


ソヌは、僕は分析官ですよ、セットした髪に服装、時間帯を考えて分析しましたって。
68c3f0cbgw1eog75muukuj20q00t9tc8.jpg


長い間分析官をやってるんだから、合コンの成功率が低いことは知ってるでしょ、なのにこんなことでなんで一人でお酒なんか飲んでってつっこむ。

1杯だけよ!何が言いたいの、慰めにきたわけじゃないだろうにって言うウナに、

ただ飲みにきたんですよ
web_1970213315_4cac2854_http253A252F252F40_media_tumblr_com252Fc3a72e86070e245b069bdcde4d3ca30b252Ftumblr_nib6b3WiDM1rd60xqo5_1280.jpg


って、冷たいビール2杯くださ〜い!って頼むソヌ。





その頃、オンマとアボジは、ソヌを巻き込むわけにはいかないと、二人でギチョルと約束した場所に向かう。





だ〜いぶ酔ってきたウナw

「私の夢は良妻賢母なの、良妻賢母!それが全部台無し」

と、自分の職業を憂うですね。

男の人に会っても、この人嘘ついてるんじゃないかとか思っちゃうし、徹夜で化粧ノリも悪いし髪の色も抜けちゃうし、って愚痴るです。


『じゃ、僕はどお?嘘つきに見える?』

「あんたは〜…ところでなんでタメ語なの?」

『君がそれでいいって言っただろ』

「ピンポン!嘘!嘘だ。あはは」
web_3067820904_c22fe8411.jpg



『同い年じゃないか。情報員では君が先輩だけど職級では僕の方が上だし。友達だって言っただろ』
web_3067820904_073ce1b5.jpg



「そうだね。みんな友達〜」


web_3067820904_41b2da61.jpg



ウナとは同僚じゃないのかって思ってたけど、同い年で、この職場では先輩だけど階級(?)はソヌの方が上という、ややこしいっ(笑)

でもこれでひとつ疑問が解けた〜。





そしてウナは、ヒョンテ先輩も呼んで友達になろ〜って言う。

そこでソヌが、ヒョンテ先輩はどんな人か聞く。


「一時はうちでは最高の人材だったけど、今は全然」

『なんでそうなったの?』

「それが事情があるんだけど〜。監督官と…監督官が誰か知ってる?」


ここで、ソヌが監督官の説明を教科書通りにするですね。

まったくなんて言ってるかわかんなかったっすww

とにかくスパイの中では最高の役職で、今は行方不明らしい。


「お、よく知ってるわね。とにかく先輩が以前、監督官を捕まえようとしたのよ。反対されたのに…それで……バーンッ!…むしろやられちゃった。先輩の目の前で、同僚の一人がばらばらにされちゃったらしいの。言葉通りばらばらに…それであんなふうになったの。静かに息だけして生きてる。」


web_3067820904_3074a640.jpg


「でも、監督官の話が出るとあんなに興奮するんだから忘れられないみたいよね。でしょ?」



『じゃあ、チーム長は?』

「チーム長?ヒョンテ先輩と同期だけど、頭が超いいの。結婚も誰だっけ?昔国会議員だった人の娘なんだけど、いずれ政治家になるんじゃない?うちのお父さんも国会議員だったらなぁ」



と、ここで、ソヌの電話が鳴る。

ユンジンから。


『あぁ、ユンジナ、今出ようとしてたんだ。うん…うん、そうするよ。そっちに行くから』
7e80b624jw1eobo1z9kdvj20vk0hs76n.jpg


立ち上がりながらウナに

『行かなくちゃ。ちょっと約束があるから…』


って、ウナ寝てる〜〜

web_3067820904_29066332.jpg


は〜、まったくぅ…

005BJuHajw1eodt0zokbij31hc0u0thg.jpg









というわけで、おんぶしてユンジンとこ行かなくちゃいけなくなったですね〜ww



ヒョンテ先輩には、こんな過去があったのかぁ。

そしてチーム長はだいぶ野心家なのね。



ソヌは、友達の女子には結構横柄なのかい?(笑)

ウナがガチャガチャしてる女子だから、とっつきやすいんだねきっと(^^)

ウナ、かわいいから、かっこいい人とうまくいってほしいな〜。

そんなサブキャラストーリーの要素、ドラマの中には一切なさそうだけどww




さて、お次はおんぶソヌとユンジンの会話がちょっとかわいいので、この前動画とかはあげたけど、また書こうかな。

しかし、Jパーチーはさんじゃったから、もうあさってには7,8話が放送されてしまうというのに、まだ3話だよww

最終話にはちゃんと追いついて迎えたいからがんばろ〜っと(^^)

ニックネーム ゆげ at 20:17| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする